読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元新聞記者の「世界道中、旅の途中」

元 新聞記者 世界一周旅記録

MENU

【タイ】バンコクでラーメン。味よし人よし値段よし、そして裸エプロン

旅の記録 タイ

 バンコク・カオサンといえば、ワッタナーさんの10バーツラーメン。日本円では約30円という価格破壊ぶり。とても優しい味がしました。裸エプロンも見れました。

 

値上げしても安いよね 

 ガイドブックには載っていないけれど、裏の観光地化としているのが、このラーメン屋さん。バンコクを訪れたら行かない訳にはいかない。7年前の記憶を頼りに、探しました。

 カオサン通りに、平行して通っている目抜き通りの裏路地に面していたはず。

f:id:shosho19890418:20160531131908j:plain

 

 

 危険な匂いがするこの路地に入った直後、「ラーメン」と書かれた旗が見えました。結局1時間くらい探しました。

f:id:shosho19890418:20160531132122j:plain

 

 ここや。10バーツ硬貨を手に、日本語で書かれているメニューから選びます。おや、20バーツラーメンって書かれとるやないか。値上げしてる。20バーツラーメン。

 

 倍に値上げって思い切ったことしたな。軽いショックを受けましたが、よく考えたら、20バーツでも約60円。それでもめちゃくちゃ安い。もともとが安すぎたんや。そう思いなおし、「②スープあり」を注文します。

f:id:shosho19890418:20160531132704j:plain

 

この兄ちゃんが作ってくれます。 

f:id:shosho19890418:20160531133338j:plain

 

 手際よく面をゆで、約3分間で昔ながらのラーメンが運ばれて行きました。

f:id:shosho19890418:20160531133932j:plain

 

 カップラーメンより安くて、早いて、人件費や材料費は一体どうなってるんだろ、などと考えながら、麺をすすります。うまい、素朴な味や。昔ながらのラーメンって感じ。一杯飲んだ後に、すすりたい。

 

 ワッタナーはどこへ消えた? 

 完食した後、ある疑問が浮かびます。

 そもそもワッタナーって何者?

 兄ちゃんに尋ねます。「あなたがワッタナー?」「ノー」

 配膳のおばちゃんに尋ねます。「あなたがワッタナー?」「ノー」

「ウェア イズ ワッタナー?」「アナザー!」

どこにおるんや、ワッタナー。次の日も兄ちゃんとおばちゃんしかいません。誰か教えて。

 謎は解けませんでしたが、とても親切で、おいしかったよ。

f:id:shosho19890418:20160531134905j:plain

 

そして裸エプロン、そしてラーメソ

 さてさて、20バーツラーメンは夕方には閉まっちゃいます。入れ替わりのように開店する店を見つけました。最初の大通りをさらに先に行くと、いい笑顔の親父がいる。そして「ラーメソ屋 めっ激うま!」の看板が食欲をそそります。40バーツだけど、当然これでも激安です。これは期待。

f:id:shosho19890418:20160531135325j:plain

 

 親父! ラーメソ一丁! はいよ! 

なれた手つきでラーメソ作りに取り掛かる親父。親戚のおじさんにほしいタイプです。

 

f:id:shosho19890418:20160531135706j:plain

 

 

 親父の背中がたくましいぜ。親父、日本では裸エプロンっていうんだぜ。

f:id:shosho19890418:20160531140303j:plain

 

 これもまたうまい。めっ激うまです。素朴で、老若男女おいしく食べられる親切な味です。ぜひ、名物になってほしいね。

f:id:shosho19890418:20160531140131j:plain

 

 ネットを調べると、日本のラーメン店がバンコクにもたくさん進出しているそう。おいしいもんね。兄ちゃんと親父の昔ながらのラーメンも、うまく共存してくれるといいな、と願います。

 タイの記事はこちらもぜひ ⇊

 旅に出る前に ⇊