元新聞記者の「世界道中、旅の途中」

元 新聞記者 世界一周旅記録

MENU

【バングラデシュ】ダッカを観光。「人が」「人と」「人の」「人は」の人いきれ

ダッカの第一印象は空爆に遭って1カ月後の大都市です。人と車と建物とをミックスジューサーでかきまぜたみたいに、ぐっちゃぐちゃで、何が何だかわかりません。当の住民もよく分かってないんじゃないかな。人と人との間を縫いながらダッカを歩きました。

【バングラデシュ】ミャンマーからダッカに到着、観光。プロペラ的悲劇は3度ある

皆さんは「プロペラ」について考えたことがありますか。あの飛行機の先でくるくる回ってるプロペラです。プロペラに巻き込まれる死に方は、死にたくない死に方ランキング上位に入ります。映画で船から落ちた奴がプロペラに巻き込まれて死ぬシーンには、どん…

【ミャンマー】隠れた観光スポット、ヤンゴン環状線一周。お父さんの仕事何?遮断機動かす人だよ!

海外4カ国目ですが、面白いことの一つが「え?これ需要あんの」っていう日本じゃひっくり返っても思いつかない仕事や物が売ってたりすることです。 線路は回るよどこまでも♪ヤンゴン環状線に乗ってきました。

【ミャンマー】世界一危険な格闘技ラウェイを見学。チョー気持ちいい、らしい

ラウェイっていう格闘技知っていますか。調べてみてください。血まみれ、血みどろの戦いが世界一危険な格闘技という枕詞が決して大げさでないことを示しています。練習見学に行ってきました。

【ミャンマー】ゴールデンロック観光。来世に期待高まる

日本のあちこちに、今にも崖から落ちそうな金色の岩がたくさんあっても、ありがたみはないよね。ミャンマーの都会からちょっとはずれた、苦労していく場所にあるからありがたいんだよね。苦労が多い方がありがたいよね。今回の小旅行はそう思うことにしてい…

【ミャンマー】拝啓テロリスト様、パコダ破壊はまじでやめた方がいい

皆さんはミャンマーと聞き、何を想像しますか。アウンサンスーチー?軍事政権?語感から猫っぽいと思われる方もいるかもしれません。僕も訪れる前はそんな単語しか浮かびませんでした。

【ミャンマー】ヤンゴン動物園観光。そのお肌は艶めかしく。蛇口動物が可愛い

一か月間に2回も動物園に行けるなんて、なんて幸せなんだろう。雨に濡れるカバに癒され、蛇口動物に癒されてきました。

【ミャンマー】バガン遺跡観光。色気に負ける。タナカで可愛くなる

世界三大仏教聖地の一つ、バガン遺跡に行ってきました。約3千のパコダや寺院があるそう。森の中に点在するパコダが夕日に照らさせる写真は魅力たっぷりで、どうしても行きたかった遺跡でした。

【ミャンマー】タイから陸路で国境越え。極寒、灼熱、雨雨雨雨雨

ミンガラーバー。タイから陸路でバスや乗り合いバンを乗り継ぎ、乗り継ぎ、ミャンマー最大の都市・ヤンゴンに到着しました。タイ・バンコクから国境越えの様子を記します。

【タイ】水上マーケット観光ツアー。陸の上から猿探し。その名もスローロリス

タイの観光名所の一つダムヌンサドゥアック水上マーケットに行ってきました。

【タイ】バンコクでラーメン。味よし人よし値段よし、そして裸エプロン

バンコク・カオサンといえば、ワッタナーさんの10バーツラーメン。日本円では約30円という価格破壊ぶり。とても優しい味がしました。裸エプロンも見れました。

【タイ】予防接種とミャンマービザ取得。初めてでも怖がらなくていいんだよ

タイに来た目的は、予防接種と、ミャンマー大使館でビザの取得です。ということで、ともに海外初体験ですが、まとめて行ってきました。緊張する。

【モンゴル番外編】旅のお供を探せ。バックパックの軽量化よりも大切なことがある

旅の大きな悩みの一つは荷物の選択だ。持ち物は最小限に、それでいて快適な旅を続けるためにはある程度の技術が必要だとも思う。でも、どんなに荷物がかさばっても、全く無駄であっても、旅には持っているべきものもある。

【モンゴルツアー後編】移動する家、ゲルに泊まった。遊牧民はエコライフ

「となりのトトロ」には、大荷物を車に積んで一家で大移動のシーンが最初の方にありますが、モンゴルではまさに同じ光景を時折見かけました。そうです、移動住居ゲルのお引越しです。ゲルの暮らしは自然といい感じの距離のエコな生活をしていました。

【モンゴルツアー前編】移動する家、ゲルに泊まった。どうやら4日間風呂入らなくても生きていけるらしい

サインバイノー。遊牧民の家屋・ゲルに泊まり、家畜ともに暮らす彼らの生活を垣間見るツアーに参加してきました。

シベリア鉄道に乗ってみた。中国・北京からモンゴル・ウランバートルまで。ちょい乗りでも27時間掛かる

憧れのシベリア鉄道。約1週間電車に揺られる旅はきつい。絶対暇だ。でも、「シベリア鉄道乗ったことあるんだぜ」って自慢もしたい。北京ーウランバートル間の支線ががあるそうだ。「ちょい乗り」してみた。

北京の中国人民抗日戦争記念館に行ってきた。中国から見た戦争、日本から見た戦争を考えた

インターネットの旅行サイトでは愛国教育テーマパークって紹介されていましたが、中国ではどのように展示しているのか、見てきました。

【中国】北京動物園に行ってきた。大熊猫の待遇は普通の熊の3倍くらい。パンダです

地球の歩き方のおすすめ度では星3つのうち1つでしたが、僕は動物が好きなので北京動物園に行ってきました。

荷造り教室。猿でもできる服のたたみ方、イヤホンの巻き方

ニイハオ。昨夜、中国・北京に到着しました。さっそく旅の紹介をしたいところですが、前回予告してしまったので、旅にあたって覚えた服のたたみ方、イヤホンの巻き方を解説します。

【書評】旅に持っていきたい本おすすめ5選。最高の旅のお供たち

バックパッカーなら暇な時間はもちろん読書です。沢木耕太郎の「深夜特急」のような、代表的な本は省きました。小説中心。もし興味を持ってもらえたら、空港にある書店では手に入らないかもしれません。大型書店で探してください。

ブログタイトルの付け方教室。吾輩は猫であるみたいなタイトルつけたいな

ブログ立ち上げに当たり、タイトルをつけるときに、いいタイトルはなんぞやって考えてみました。ブログにしても新聞記事にしても小説にしても、最初に読んでもらうきっかけはタイトルが魅力的であること。

旅の記録記します。まずはインドで散髪したい

27歳男、世界放浪旅の記録です。4年間の新聞記者経験を生かし(今年3月末に辞めました)、訪れた国の空気を文章と写真で伝えます。