読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元新聞記者の「世界道中、旅の途中」

元 新聞記者 世界一周旅記録

MENU

イスラエル

【イスラエル】ユダヤ教「超正統派」はグローバル社会に流されず、無職でシルクハット!!!!

「神は何人だ?」と黒づくめでシルクハットをかぶったおっさんに腕をつかまれ、思わず逃げそうになった。

【イスラエル・パレスチナ問題】後編・超近代都市とゴーストタウン観光。テルアビブ、ベツレヘム、ヘブロンを巡る。

パレスチナ自治区にあるヨルダン川西岸の中心都市・ベツレヘムには、エルサレムのダマスカス門からバスに乗って、約1時間で到着する。イスラエル側が建設を進める隔離壁のほか、町の至る所には、平和を願い、イスラエルの占領を批判する落書きが描かれてい…

【イスラエル・パレスチナ問題】前編・超近代都市とゴーストタウン観光。テルアビブ、ベツレヘム、ヘブロンを巡る。

1カ月前、インド北部のガンジス川が流れるバラナシのゲストハウスに泊まったとき、間違ってイスラエル人でユダヤ人の部屋をノックした。「すまん」と謝ってすぐに立ち去ろうとしたけど、「待て、入れ」と半ば無理やり部屋に入れられた。

【イスラエル】後編・村上春樹のエルサレム賞受賞演説「壁と卵」をエルサレムで考える

村上春樹のエルサレム賞受賞演説の「壁と卵」を、英国の作家、ジョージ・オーウェルの1984年と1Q84から考える。続き

【イスラエル】前編・村上春樹のエルサレム賞受賞演説「壁と卵」をエルサレムで考える

村上春樹はエルサレム賞を受賞した2009年、エルサレムで「壁と卵」のメタファーを使った受賞演説を行いました。せっかくエルサレムにいるので、演説とパレスチナ問題について考えてみます。